高知県産無農薬生姜販売|四万十情熱「ジンジャーマン」

無農薬生姜販売|高知県四万十町から無農薬しょうがと四万十の魅力を直送します。

TEL/FAX:0880-23-0955

〒786-0094 高知県高岡郡四万十町壱斗俵105番地1

「農薬・化学肥料について」あなたはどう思いますか?

「農薬・化学肥料について」あなたはどう思いますか?

今回は文字ばかり、長文ですが、農業についてぜひ知ってもらいたい、と思うことを書きました。

農業、食に関心をお持ちの方にはぜひ読んでいただきたいと思っています。

ご意見などもいただけるととてもうれしいです。

 

「農薬・化学肥料は絶対悪である。」

 

とすれば、農薬・化学肥料を使用して慣行栽培をしている農家はモラルのかけらもなく、体にも悪いひどい野菜を消費者に買わせている極悪人、ということになるのでしょうか?

慣行農家は悪で、有機農業者、無農薬栽培農家は高潔な人格者ということに?

僕はそうは思っていません。

 

じつのところ、農家のモラルというのは、慣行、有機といった農法の違いにあるのではありません。

僕は無農薬生姜に取り組む一方で、農薬・化学肥料を使う生姜栽培も経験し、昨年までお米も除草剤を使用して栽培していました。

慣行生姜栽培を例にとれば、効率性、生産性においては慣行栽培の技術はある意味非常に完成されたものだと感じます。

慣行栽培の流れに沿っていえば、知識、技術、意識の高いベテラン農家さんもたくさんいます。

どんな商売でも同じように、目先の利潤を追いかけて、収量をあげるために肥料をたっぷり放り込んで、病気になりやすい状況にし、予防的にしょっちゅう農薬散布、という人も確かにいます。

しかし一方で肥料も控え、農薬の使用も極力少なくし、再生産を維持していけるよう努める慣行農家もいます。

また、有機JAS認定農家でも、肥料は鶏糞をたっぷり、JASで使用を認められている農薬は筒いっぱい使用する、できた野菜は虫食いだらけ。だけど「JAS認定野菜なんだから高く売ってあたりまえ、虫食いに文句をつけるとはなにごとだ」という考えの人もいます。

もちろん、畑に肥料をやるのではなく微生物に栄養をやるつもりで土を育て、本当に美味しくて体に良い野菜を食卓に届けたい、という農家もいます。(僕らも後者のつもりで取り組んでいます)

 

それなら、なぜ知識も技術も、意識(これは立場によって捉え方が大きく違います)も高い慣行農家は、無農薬栽培に向かわないのか?

 それはモラルが低いから、ではなく、少々乱暴な言い方をすれば「商売相手」が違うから、です。

慣行栽培のものは、大手流通に乗って、大手量販店を主体とした販売網へ流れていき、安く買いたい消費者向けに安く売られる。

そのために生産することが大前提だからです。

農家の立場としては、一円でも安く買いたい、という消費者と、一円でも多く利ざやを稼ごうとする大手流通業者を相手に商売しているから、

経費は一円でも安く、収量は1kgでも多く、という考え方をせざるをえなくなる場合がある、ということです。

この場合、慣行栽培のものは、質の良いものも、悪いものも一緒くたになってしまうので、消費者は生産者を選ぶこともできない場合がほとんどです。

 

対して有機・無農薬栽培のものは、限られた窓口を通してではありますが、意識の高いお客さん向けに、ある程度生産コストに見合った額で流通できます。

こだわりのお店や生協、グループが販売の主体ですから、販売している小売店さんは野菜のことはもちろん、食の安全性などについても深い知識をもっている場合が多く、農家としてもごまかしはききまん。

お客さんも相当知識のあるかたもいますし、突っ込んで聞きたければ、生産者ごとの栽培履歴も開示してくれるはず(僕らもお取引のあるお店には当年の栽培履歴を提出していますし、求められればいつでも開示します)です。

(もちろん、先にあげたように、JAS認定だから高品質、とはかぎりませんが)

 

生姜に関していえば、慣行農家は秋の収穫時期に、専門商社相手にまとめて卸売りするケースがほとんどですが、生姜は1年を通して貯蔵販売する野菜なので、質が悪く、すぐに腐ってしまうような生姜では、業者も引き取りません。

慣行栽培といえど、農家としても商社との信頼関係を大切にし、品質の良いものをと考える農家も少なくはないのです。

「名産地」といわれる産地の「名産地」たるゆえんは、農薬・化学肥料使用の有無にかぎらず、生産技術・貯蔵技術であったり、貯蔵品質といった点でとても優れてる、ということなのです。

(ただし、お客さんに直接販売し、声を聞くわけでも、自分の名前が出るわけでもないので、食べる人のことまでは気がまわっていない?部分があるのも事実だろうと思いますが、先にあげたように、大手流通に乗せる、というのはそういうことなのです。)

個人のお客様に直接販売、あるいは小売店さんに直接卸しをしている僕らとしては、もちろんごまかしはききませんし、特に生姜のように周年販売する場合は、腐ってしまうと自分も困るわけなので、肥料過多にならないように、といった点はとても気を使っています。(そこは自信をもってアピールさせていただきます!)

 

作物に病気がでるのは肥料のせいです(そもそも作物に肥料をやるという考え方自体間違っている、とも言えます)

肥料をやりすぎると病気がでるので、薬が増える、そして味も悪くなる、場合によっては硝酸態窒素など有害な物質が野菜に蓄積します。

肥料のやり方のモラルについては慣行も有機も関係ありません(化成肥料よりもむしろ畜糞のほうが多く入れると危険なぐらいです)

 

悪というなら、農法・農薬よりも前に、「過ぎたる肥料」、言い換えれば「過ぎたる欲」、があるわけです。

もちろん僕らは農家として生計を立てていかなくてはならないので、作物がそれなりにできるだけの養分は土に与えますが、それが過ぎたるものであれば、しっぺ返しはすぐに自分にやってくると思っていますし、慣行農家でも同じ考えの人もたくさんいます。

「農薬の散布作業」は、どんな農家でも一番いやな仕事です。

一番農薬に被爆しているのは、散布している農家自身なわけですから。

そのことはぜひ皆さんに知っていてほしいと思います。

 

しかしながら、僕は慣行農業を全面的に「是」というつもりはもちろんなく、少なくとも人にとって体に良いものを作るのでなければ農業者とはいえないと思っていますし、わが子に限らず、子供たちには特に、栄養のある美味しい野菜を食べてほしいと願っています。

そのためには農家の努力ももちろん必要ですが、一番はみんなで食についての関心をもっともっと深めて、肥料・農薬たっぷりの野菜に「NO!」と言っていくことだと思うのです。

そうすれば、お店も、農家も変わると思います。

「価格・見た目」基準ではなく、「安心・美味しさ」基準で食べものを選んでほしいです。

 

無農薬農家にとっては、ありがたいことに、無農薬野菜を販売してくれるお店も増えてきていると感じますし、情報もたくさん集まるようになりました。理解し、応援してくださるお客さんもたくさん増えてきていると思います。

ぜひその流れが大きなものになってほしいと願っていますし、僕らも微力ながら努力していきたいと思っています。

 

今日ここに書けたことは、農業のほんの一側面でしかないし、十分な表現ができていないかもしれませんが

「美味しさ」はウソをつきませんよね。

 

button only 「農薬・化学肥料について」あなたはどう思いますか?

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>