高知県産無農薬生姜販売|四万十情熱「ジンジャーマン」

無農薬生姜販売|高知県四万十町から無農薬しょうがと四万十の魅力を直送します。

TEL/FAX:0880-23-0955

〒786-0094 高知県高岡郡四万十町壱斗俵105番地1

国産にんにくの芽が希少な理由とは・・・(2-2)

国産にんにくの芽が希少な理由とは・・・(2-2)

7aa80a5ec07aac456a48168c37d4dcde 300x223 国産にんにくの芽が希少な理由とは・・・(2 2)国産にんにくの芽が希少な理由。

絶対量が少ないという理由がひとつ。

そして、二つ目の理由・・・なんですが、

それは「登録農薬」問題!

なにそれ?というような理由なんです。

そもそも「農薬」とは?

 「農薬」とは、農作物(樹木及び農林産物を含む。以下「農作物等」という)を害する薗、線虫、だに、昆虫、ねずみその他の動植物又はウイルス(以下「病害虫」)の防除に用いられる殺菌剤、殺虫剤その他の薬剤[3]及び農作物等の生理機能の増進又は抑制に用いられる成長促進剤、発芽抑制剤その他の薬剤をいう。(以上ウィキペディアより抜粋)

と定められており、以下の「農薬取締法」という法律によって規制されています。

農薬取締法(のうやくとりしまりほう;昭和23年7月1日法律第82号)は、農薬の規格や製造・販売・使用等の規制を定める法律である。

・農業生産の安定、国民の健康保護、生活環境の保全のために、農薬について登録制度を設け販売・使用を規制することにより、農薬の品質の適正化とその安全・適正な使用の確保を図ることを目的とする(第1条)。(以上ウィキペディアより抜粋)

 

そして、すべての農薬は、農薬取締法に沿って、すべての作物ごとに、認可、登録されたものしか使用できません。

逆にいえば、その作物に登録されていない農薬を使用した場合、故意、不作為にかかわらず、その作物は出荷不可能はもちろん、使用者は刑罰の対象になります。

 

やっとここから本題になりますが、現在「にんにく」に登録されている農薬は以下のように多数あります。

【にんにくの登録農薬】

病害虫名 使用できる(登録のある)薬剤
ネギコガ オルトラン水和剤、ダイアジノン水和剤34、マブリック水和剤20,トクチオン乳剤、ガードジエット水和剤 、ジェイエース水溶剤、スミフェート水溶剤、ハチハチ乳剤
チューリップサビダニ アクテリック乳剤、ガードホープ液剤、アオバ液剤
イモグサレセンチュウ クロールピクリン、ドロクロール、バスアミド微粒剤、ガスタード微粒剤、ドジョウピクリン 、クロルピクリン錠、ネマトリンエース粒剤、ラグビーMC粒剤、アオバ液剤、ベンレートT水和剤20、ガードホープ液剤 、キルパー、ホーマイ水和剤
アブラムシ類 オルトラン水和剤、マブリック水和剤20、ハチハチ乳剤
アザミウマ類 ハチハチ乳剤
センチュウ類 ディ・トラペックス油剤
黒腐菌核病 ベンレートT水和剤20、スミレックス水和剤 、モンガリット水和剤、ホーマイ水和剤
紅色根腐病 ディ・トラペックス油剤、バスアミド微粒剤、ガスタード微粒剤
さび病 アミスター20フロアブル、ストロビーフロアブル、バイレトン水和剤5、バイレトン乳剤、、オンリーワンフロアブル 、Zボルドー、ラリー乳剤、テーク水和剤、アミスターオプティフロアブル、シグナムWDG
葉枯病 ダコニール1000、ベルクート水和剤、ポリベリン水和剤、ジマンダイセン水和剤、アミスター20フロアブル、テーク水和剤、ペンコゼブ水和剤、トリフミン水和剤、オンリーワンフロアブル
黄斑病 ポリべリン水和剤、ダコニール1000
白色葉枯病 シグナムWDG、Zボルド-、ICボルドー66D
乾腐病 ディ・トラペックサイド油剤 、キルパー
春腐病 バリダシン液剤5、アグリマイシン100、カスミンボルドー、カッパーシン水和剤、コサイドボルドー、コサイドDF、 ガゼット水和剤、Zボルドー、キンセット水和剤80、ICボルドー66D、ナレート水和剤、コサイド3000

 

ところが「にんにくの芽」になると、登録農薬は以下の4種類だけです。

それも厳密に言えば「にんにくの芽」という品目はなく、「葉にんにく」として扱われることになっています。

【葉にんにく】(にんにくの芽を含む)の登録農薬

病害虫名 使用できる(登録のある)薬剤
ネギアザミウマ アグロスリン乳剤
ハダニ類 コテツフロアブル
ネキリムシ類 ダイアジノン粒剤5
さび病 ストロビーフロアブル

つまり、普通の玉にんにく生産のように消毒をしていれば、にんにくの芽に対しては禁止された登録外農薬を使用したことになり、出荷できないばかりか、刑罰の対象にまでなってしまいます。

そのため一般のにんにくの芽というのはほぼ存在せず、国産のにんにくの芽は、無農薬栽培のものしかない、といっても大げさではないのです。

 

これが、国産にんにくの芽が希少な最大の理由です。

絶対量より以前に、出荷そのものができない、というのが本当だったわけですね。

 

それと、イメージ的には病気や害虫にも強そうな「にんにく」ですが、登録農薬の一覧からも読み取れるように、にんにく栽培にはけっこうな量の農薬が使用されています。(もちろん農家によって様々ですが。)

 

がん予防にも最も効果がある、といわれるにんにくです。

健康のことも意識して食べられるなら、ぜひ無農薬のものを食べていただきたいです。

それから、肥料もなるべく控えめのものがオススメです。

 

四万十スイートファーマーズの無農薬にんにくは、畜糞不使用、EMボカシのみ使用の健康にんにくです!

オススメですよ!(笑)

玉にんにくは6月から販売予定です。ご期待ください。

 

 

button only 国産にんにくの芽が希少な理由とは・・・(2 2)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>