高知県産無農薬生姜販売|四万十情熱「ジンジャーマン」

無農薬生姜販売|高知県四万十町から無農薬しょうがと四万十の魅力を直送します。

TEL/FAX:0880-23-0955

〒786-0094 高知県高岡郡四万十町壱斗俵105番地1

新規就農に役立つ話③ 「就農前に研修は必要か?」編

新規就農に役立つ話③ 「就農前に研修は必要か?」編

今回のテーマは「就農前に研修は必要か?」だ。

答え。「絶対にすべきだ。」  期間は最低2年。

僕自身の経験から言い切るが、もし就農候補地が決まって、具体的な準備に入ろうと考えて

いるなら、または就農までのプロセスを考えている最中の人でも、必ず研修はしたほうがいいし、

予定に組み込むべきだ。

 

では、就農前研修で獲得すべきエッセンスはなにか?

 

技術や農法の習得ではない。「出会い」と「考え方」の習得だ。

 

そのための理想のプロセスは、1年間の公的研修機関での研修と、

1年間の先進農家研修ということになる。

 

まず就農予定地の公的研修機関での研修だ。

高知県では僕も籍を置いた「窪川アグリ体験塾」と「有機のがっこう・土佐自然塾」が相当する。

カリキュラムにそって、一定の基礎を身につけるのも必要だが、公的機関の一番の強みは

県下に非常に多くのネットワーク持っていて、先進農家や新規就農の先輩にもつながって

いることだ。

僕の場合は「窪川アグリ体験塾」をつうじて、師匠に出会い、道ができた。

また高知県のみならず、研修施設が置かれている地域は、都道府県下でも就農に適した場所が

多いだろうから、必然的に土地の農家さんや、各関係機関との連携も緊密だし、新規就農者にとって

のメリットも多い。そこで1年の研修を受けることは、後に触れるが、制度資金を利用する

上でも非常に役に立つ。

 

つぎに、やはり先進農家、先輩農家での研修ができれば最高だ。

なかなか個人経営の農家で、通年アルバイト研修に雇ってくれるところは少ないだろうが、法人で

研修するよりも、自分が近い将来目指している農家の日常を知ることができ、すごく勉強になる

ことは間違いない。研修中は収入もなく、貯金を切り崩しての生活、という人が多いだろうから、

一定金額保障のある法人での研修にメリットを感じるかもしれないが、たとえ月に何日かでも

個人の農家の日々の仕事や経験談、営農に対する考え方などを聞くことができれば、

何事にも変えがたい貴重な経験だ。

 

僕の実例からいっておくが、以前に農家研修やアルバイトの経験を積んでいるか、よほどデキる人

以外は、研修アルバイトといっても、本来農家からお金をもらえるだけの仕事はできない。

もし運よく個人の農家のもとで、アルバイト研修生として給料までもらえるとしたら、それは非常に

幸運なことだということは覚えていてもらいたい。

 

公的研修機関での研修中に、そういった農家(法人でもいいが)を紹介してもらったり、話を聞いたり

して積極的に行動しよう。そのなかでいい出会いやチャンスがあれば、迷わず決断すべきだ。

 

実際のところ、「決断する」ことにまさるモチベーション上昇効果はないと思う。

決断が行動を喚起するし、行動はさらなる行動への熱意を産む。熱意は運を味方につけてくれる

 

以前、高知県の「農業会議」という機関のかたが新規就農者の実態調査でウチへ取材にこられた。

「窪川アグリ体験塾」時代からちょくちょくお会いしている方だが、「就農に成功した要因はなんだと思いますか?」

と聞かれたので、「ホントに運に恵まれました。」と答えたら、「私がお話を聞いた方はみんなそうおっしゃていた。

そして私が見るに、そういう方々はみんな自分でアクションを起こされている。」と言われた。

観念論ではなく、真実だと思う。

 

決断し、行動した者にとって、結果は「運しだい」なのだ。後悔はない。

自己責任を回避し、人に流された者には、「誰かのせいで失敗した」ウラミしか残らない。

 

実践的意味合いでは、農家研修に入れるなら、公的機関に1年在籍する理由はあまりない。

僕が「窪川アグリ体験塾」で研修を受けたのは1ヶ月だ。でも出会いを提供してもらったことに

本当に感謝しているし、引き合わせてくれた職員さんは、「君に合うだろう人を紹介しちゃる。」

と言って、セッティングしてくれたのだ。これもまたほんとうにありがたいことだった。

 

そして、現在僕の農業経営があるのは「師匠」のおかげだ。僕が出会う8年前、まだ新規就農なんて言葉も

一般的でない時期に就農して有機農業を続けてこられ、今では地域の中心的存在でもある。

そして新規就農者にとっては頼れる先輩だ。

 

「窪川アグリ体験塾」と「師匠」。技術的な手ほどきや、知識も教わったが、なにより貴重なのがやはり、多くの

「出会い」に導いてもらえたことと、「考え方」を教えてもらったことだ。

 

農業経営は多くの人との関わりなしには成り立たない。

就農をめざすあなたにとって、知らない土地で多くの人と関わりを深めていくことは

非常にエネルギーがいることだと思う。

しかし、あなたに関わる人たちも、あなたを受け止めるエネルギーを使っているし、何とか力になりたいという想い

でいてくれるはずだ。だからそれを励みにしてがんばってもらいたい。

 

そして、2年間充実した研修期間を送れば、あなたはかなりその土地の風土になじみ、農業についても理解が

深まっているはずだ。もちろん体力もついて、自信も生まれてくる。

 

さらに、1年間の公的機関での研修実績を積んだ人には、制度資金の借り入れに関する資格が与えられる。

また、先進農家での次の1年間の研修を終えると利用できる制度資金がさらにある。

 

これらの内容と申請については次回。

 

 

button only 新規就農に役立つ話③ 「就農前に研修は必要か?」編

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>