高知県産無農薬生姜販売|四万十情熱「ジンジャーマン」

無農薬生姜販売|高知県四万十町から無農薬しょうがと四万十の魅力を直送します。

TEL/FAX:0880-23-0955

〒786-0094 高知県高岡郡四万十町壱斗俵105番地1

生姜畑の頼れる相棒、バイブロスーパーソイラー。

生姜畑の頼れる相棒、バイブロスーパーソイラー。

IMG 0029 640x480 300x225 生姜畑の頼れる相棒、バイブロスーパーソイラー。四万十では4月の植え付けに向けて

畑の準備が本格化している。

四万十での生姜の作付けは主に水田転換畑で行われる。

高知は耕地面積が少ないのと、ふんだんに水があるから、

ほとんどの耕地が「水田」で、もともと「畑」いうのが

あまりない。

つまり高知県は背後に扇形に四国山脈を背負って、平野はとても狭く、いたるところに川が流れており、

おまけに日本一雨が降るし、さらに台風がちょくちょく大雨をもたらすために水がいつでもたっぷりあって、

畑はなかなか乾かない、ということになる。

しかも、もともと水を貯めるためにあつらえた水田で、今度は水の抜けをなるだけ良くしないといけないし、

大雨もしのがないといけない。というわけで生姜畑の最重要事項は排水対策、ということになる。

すなはち、排水溝を掘って掘りまくらなければならないのである。

当地では冬から春にかけて、じつにいろんな工法でもって畑の排水対策を行うが、四万十SFでは上の写真

「川辺農研」の「バイブロスーパーソイラー」

という、デカイ鉄の爪が2本と、真ん中に弾丸型の鉄球(弾丸暗渠)の着いた装置をトラクタで引っ張って、

畑の深いところに排水用の穴を開ける。

この装置はトラクタのPTOと連動して、細かくバイブレーションしながら土を揺り動かして、穴をあけると同時に

抱え込んだ土に細かなヒビを無数に入れて、下層の硬い土を軟らかくもしてくれる。

かくて、作物の根は下層まで深く伸び、表層を流れるだけだった雨水は深層に蓄えられて、湿害を回避し

干ばつ時には毛管現象によって深層の水を地表へ吸い上げ、作物の根に潤いを与えてくれる。

まさにイイコトずくめだ。

ただひとつ、田んぼに戻したときに「水がたまらない・・・。」ことを除けばネ。

 

IMG 0017 640x480 300x225 生姜畑の頼れる相棒、バイブロスーパーソイラー。だがさらに、この機械は優れもので、真ん中の足をはずして

2本爪の間隔を調整すると大根や短根ごぼうに人参など

の掘り取りができオプションを変更すれば簡易のジャガイモ

サトイモ、サツマイモ堀り機にもなってしまう。

作付け面積の少ない小規模農家では、作物ごとに専用機械を

買うわけにもいかないから、排水対策から収穫作業まで

何役もこなしてくれるこの機械はとっても重宝する。

 

四万十農家の頼れる相棒のひとつだ。

 

 

button only 生姜畑の頼れる相棒、バイブロスーパーソイラー。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>